痛風予防にはザイロリック   >   痛風を予防する方法

痛風を予防する方法

予防

30代を過ぎてからは、若い時とは違い健康を意識することが多くなってきたのではないでしょうか?
若い時とはちがい、睡眠を取らずに次の仕事に行くことや、油いっぱいの唐揚げをほおばって食べることも、はたまたスポーツや体を元気いっぱい動かすことも、想像することすら困難でしょう。
中には、ここ20年全力で走ったことはないという人もいるのではないでしょうか?
もしこのまま、このような生活を続けていれば、いつか痛風になるかもしれません。
痛風は贅沢病とよばれるほど、不規則な生活と不格好な体では、痛風になってします可能性は増すばかりです。
こちらで痛風にならない予防方法を知っておきましょう。

痛風になる原因は、はっきりしていて、血液中の尿酸が高い状態が続くことで痛風を発症してしまします。
その為、痛風を予防するには、尿酸値を上げない事が重要になってきます。
たまに、プリン体の影響で痛風になると言われていますが、それは間違いであり、プリン体は尿酸値へあまり影響を与えません。
では、これから痛風を予防する方法をお伝えします。

1つは適度な運動をすることです。
適度な運動は、運動してない人と比べた場合40%以上も減少するという結果があります。
運動=スポーツやマラソンをイメージされる方もいますが、ここでは「適度な運動」です。
マラソンなどは無酸素運動になってしまう為、体内で尿酸を作り出してしまう原因になってしまします。

ここでいう「適度な運動」は、ジョギングやストレッチ等です。
2つ目は水分を多く取るとい言うことです。
早い話、毎日しっかりと尿酸を体外に排出すれば、体内に過剰な尿酸が溜まることはありません。
しっかり水分補給を心がけ尿量を増やしましょう。

3つ目は、暴飲暴食をしないということです。
これは健康を意識するのであれば、どのことにも言えることです。
暴飲暴食をしない為に、ある程度自制する力をつけておきましょう。