痛風予防にはザイロリック   >   痛風の診断方法はあるのか?

痛風の診断方法はあるのか?

痛風にならない為に必要なこと

痛風の検査にはどのような方法があるのか、痛風って痛みが発生した時点で痛風と断定されるのか、自己判断で痛風と決めてもいいのか、等の疑問を解決していきます。
まず、自己判断による痛風はあぶないので控える方がよいでしょう。
最終判断をくだせるのは、痛風の専門知識をもっている医師です。
しかし、痛風の症状は特徴的なものであり一般の方でも診断する事が、可能であると思われる場合もありますが、適切な医師の判断あおるのがよいでしょう。
病院で痛風の診断を受ける場合大きく分けて、3つの種類があります。

まずは「痛風であるかを確かめる検査」、
次に「尿酸値が高くなった原因を確かめる検査」、
最後に「合併症があるかないかの検査」があります。
痛風の症状は、足の親指などに起こる激痛や腫れですが、その痛風の症状に似た病気もありますので、病院では、まず痛風であるのかを確かめる検査から行ないます。

痛風であるかを確かめる検査では、血液検査が一般的です。
痛風である人は、血液中の尿酸値が、高い状態であるため、尿酸値を調べるための血液検査です。
また、血液検査で血沈やCRPも測り、炎症の確認ができます。
血沈・赤血球が沈むスピードであり、CRP・炎症の際に血液中に増えるたんぱく質です。

次に、尿酸値が高くなった原因を確かめる検査では、尿酸クリアランス検査や尿中尿酸量検査があります。
この二つの検査は、体内の血液から尿中に排出される尿酸を調べるのと、排尿された尿を蓄え、どのくらい尿酸が排泄されているかを調べています。

最後に、合併症があるかないかの検査ですが、痛風患者は、動脈硬化や糖尿病、腎臓病や尿路結石などの合併症を起こしやすいですので、この病気の有無の確認のため、血液検査や尿検査、超音波検査などを行います。