痛風予防にはザイロリック   >   痛風に似ている病気

痛風に似ている病気

類似してる病気

痛風は激痛や、患部の腫れや赤みがでる病気になります。
病院に、痛風を理由に行かれる患者の中には、痛風ではない患者もいます。
痛風の症状に、似ている病気はいくつもあり、中には痛風専門家にも区別するのが難しいほど似ている病気もあります。
ですので、痛風を診断する場合はまず、その患者が痛風か痛風でないかを判断する検査があります。
そこでこちらでは、痛風に似ている病気を紹介します。

よくあるのがリウマチという病気です。
このリウマチは、関節リウマチとも呼ばれており、関節が炎症を起こして、軟骨や骨が破壊されてしまい、関節が変形してしまう病気になります。
痛風と同じく腫れや激しい痛みに襲われ、手足の関節で起こりやすくなっており、痛風と違い左右の関節が同時になるケースが多いです。
痛みの原因は、外部からの細菌やウイルスを攻撃して破壊する免疫が、以上をきたしてしまい、誤って自分自身の細胞を攻撃しているからです。

次に変形性関節炎です。
こちらは主に、中高年の女性に多い症状になります。
年齢を重ねることで、老化が進み、関節の間でクッションの役割をしている関節軟骨がすり減ったり、変形する病気になります。
体内の細胞が誤って自分攻撃する訳で起こる訳ではありません。

次に偽痛風です。
この偽痛風は名前に偽がつくくらい、痛風に近い病気になります。
関節部にカルシウムが溜まってしまい、その溜まったカルシウムを白血球が攻撃してしまい激しい痛みや腫れが起こります。
カルシウムが溜まる原因は分かっていませんが、痛みの出方は痛風とほとんど同じ病気になります。
比較的、60歳以上の女性に多い病気になります。
痛風に似ている病気はまだまだありますので、事前チェックを入れとくと、あわてることもないと思います。