痛風予防にはザイロリック   >   痛風になりやすい30代

痛風になりやすい30代

30代男性

痛風は中年男性のイメージが強い病気でありますが、最近では痛風患者が若年化している現象が起こっています。
ほんのひと昔前は、痛風患者が一番多いのは50代に集中していましたが、時代が進むにつれて、40代に一番多い病気になり、現代の今では30代を中心に増加傾向のある病気になっています。
なぜ、痛風はこれほど若年化していっているのでしょうか?

大きな原因の1つとして、食生活の変化があげられています。
現代では、簡単手軽に食事をとることのできるインスタント食品や、ファースドフード等が生活環境に溶け込んでおり、幼い時から当たり前に食べられてきました。
1日3食を、外食やファーストフードで済ませる人も多くいるでしょう。
外国から見た日本の印象は、侍や忍者といった強烈な印象が残っており、日本人の食べているものは、健康的で質素な日本食だと思われています。
しかし、実際は日本にいる日本人の食生活は、上記でも記載してあります通り欧米化しており、高カロリーで栄養に偏った食生活になってしまっています。

それに加え、一般的な30代は会社での役割が少しずつ変わってきており、なんでもしていい新人社員から、部下の教育や責任を問われる立場にと変わっていく年代になります。
それによりいままでにないストレスがのしかかり、ストレスが体調を変化させるのです。
また、この年代は丁度、子どもが思春期になったり、妻とのマンネリ化などで、家庭でも親父の立場は孤立して、落ち着ける場所がなくなってくる時期でもあり、30代の男性の心休める場所がなくなっていく年代でもあります。
食生活の変化とストレス過重社会が、痛風男性を若年化させている原因の一部であることは言うまでもありません。